ミヤサキ号2

ミヤサキ号が放置されていたのは、民家の庭先

民家といっても、もう誰も住んでいません。いや、この集落全体、もう誰も住んでいないのだ。IMG_4389せっかく見つけた農民車だが、勝手に持ってくるわけにはいかない

そこで、何度か通うと、ある日、この集落出身のおばさんが空き家を掃除しに来ていた

すかさず近づき、「怪しいものではありません!この三輪が欲しいのです!」(十分怪しい人)と説明

たいてい、こういう場面に現れるのは偏屈オヤジか不愛想なオバサンで「無理無理」と一蹴されるところだが、幸いにも話の良くわかるおばさまであった!

話を聞くと、持ち主は隣の家のおじいさんらしい・・・・

そこで、連絡先を教えてもらい電話してみる

電話に出たおじいさん「俺はもう寝たきりで何十年も実家に行ってないんだ、えっ?三輪?あぁ・・・まだあったのか、あれは俺が乗ってたんだ、欲しいなら持ってっていいぞ」

もう何十年もこの家には帰っていないそうですが、ミヤサキ号の記憶は鮮明でした

IMG_4388

ところでなぜ、こんなガレキの山の上に置いてあるのか???

おじいさん「小屋をつぶした時、トタンが風で舞うから、オモシとして中に入ってた車を載せたんだ」

IMG_4362

ミヤサキ号と共にあった軽トラ

軽トラ買っても、三輪は捨てなかったんですね~

それにしても、軽トラもまた古い!360白煙仕様のスズキキャリーです

 

IMG_4401後日、引き揚げに行く

軽トラも一緒に片付けろとのことなので、2台持って帰る

友人に協力してもらったが、友人はこんな腐った車には一切興味がない

でも、「火焔」で焼肉食べ放題コースをおごってやると、こんな作業でも手伝ってくれるのだ(笑)

そんなわけで、この日の夕食は火焔で焼肉食べ放題でした

 

カテゴリー: 農民車 | 7件のコメント

ミヤサキ号

皆様、お久しぶりです。

長らくお休みしていました、テーラー少年のページ

すっかり「少年」ではない年齢になってしまいましたが、心はいつまでも少年のままです!

2016年です。各地のディープな錆ボロマニアの方々、本年もよろしくお願い致します。

 

近況報告です。

最近は、こんなのにハマッています!!!

IMG_4354 山に発動機を探しに行ったら、こんなの見つけてしまいました・・・・

 

IMG_4355

「農民車」興味はあったが、この世界も奥が深いので、あまり深入りしないようにしていたが・・・・・

 

IMG_4359あまりにも美しい!!

 

IMG_4360

山梨県甲府市の鉄工所が作った農民車

「ミヤサキ号」と「宮崎式農民車」は違いますよ~

ミヤサキ号が山梨産 宮崎式は長野産生まれが違う別物です

 

IMG_4361

この農民車は山梨県でバカ売れ???したミヤサキ号

気になっていた存在でした

 

IMG_4414

エンジンはかつら

ホッパーの湯気を全身に浴びながら運転する、豪快な仕様です!

 

 

そんなわけで・・・・・・

 

IMG_1096

必至に持ち主を探し、交渉し、引き上げにいって、早速修理に取り掛かってます!!

 

IMG_0031

ミッションはOHです

クラッチがボロボロ・・・・大丈夫か?

IMG_4795

今年も油まみれです、よろしくお願いします!

カテゴリー: 農民車 | 4件のコメント

MB1500 HYBRID

7月10日、北海道でオールドトラクターの愛好会が発足したようだ。

先日は展示会も行ったらしい・・・・・・・

僕も仲間に入れてほしいなあ・・・・・

すぐにでも飛んでいきたいが北海道は遠いなあ・・・・・

 

 

 

そんなわけで、今日はトラクターに乗りたい気分

 

何のトラクターに乗ろうか???

 

日の本トラクターにしよう!

 

日の本MB1500

久しぶりに出してきた

泥やら埃やらかぶっていて汚い

これじゃあ、恥ずかしくて白浜海岸や新宿アルタ前に乗り付けられないので、まずは洗車する

 

 

 

キレイになった

 

 

 

タイヤにもワックスをくれて、足元から引き締める

これならレクサスのディーラーに乗り付けても恥ずかしくはない

 

 

 

いざ、ドライブに出かけようとしたら・・・・・・

ボコスカとエンジンの調子が悪い・・・・・

キャブレターを調整しよう!

我が家のMBは前期型、キャブに加速ポンプ?が付いていない

ダイヤフラムが入った後期型キャブは調整が難しい

スローの調子が悪いので、ニードルはいじらない

 

 

ドライバーが入りにくかったので、指でスクリューを回す

時折マフラーに触れると凄く熱いので注意・・・・・

 

アイドルアジャストスクリュー、スロットルストップスクリューでアイドリング調整

上手くいかないと、とんでもないアフターファイヤーをくらうのでおっかなびっくりの作業

 

630cc空冷単気筒

 

 

ようやく調子よく回り始めた

日の本ハイオクタン灯油エンジン

 

 

 

おっと、剥がれかけたステッカーはしっかり記録に残しておこう

エンジン→ノーキオイル

油圧タンク→ハイランドオイル

ミッション→ギャーオイル

 

「ノーキオイル」どこに売ってるんだろう?

 

 

ドライブ!!

町内を軽く流す

単気筒の鼓動を全身で感じるのだ

 

 

 

やっぱり、今日はレクサスのディーラーに乗り付けるのはやめておこう

 

ドライブから帰ってきたら、相棒は自慢の高級ガレージに格納

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

丹念にシートカバーを被せて、埃がつかないように・・・・・・

傷でもついたら、「LEXUS LS600H」に乗り換える時、下取り価格が下がってしまう

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今度はコイツで畑うなってやろう

カテゴリー: 未分類 | 4件のコメント

ブレーキ

お久しぶりです!!!!

最近は、ちょっと忙しいですが、充実した日々を送っています!!

 

雨の休日

運転会もないし、発動機を回すこともできないので、相棒の整備をした

 

まずは軽トラ

重い発動機を積みまくって常に焼け気味のブレーキがかわいそうなので、4輪のブレーキ整備

 

 

 

ダストがいっぱい

清掃、注油、調整

 

 

 

漏れはないのでカップはよしとする

ドラムブレーキのほうが好きです

いじり甲斐がありますからね!

 

 

 

 

お次はフォークリフト

こちらもブレーキ整備

部品がいちいち重いので、か弱い私には重労働

 

 

シューのスプリングがぶっといので、外すと入れるのに難儀します

極力バラさないようにして、清掃・注油・調節

ハブベアリングのグリスを入れ替えて終了

 

 

これでまた頑張ってもらえますね!!

 

カテゴリー: 未分類 | 3件のコメント

のらのら

実は私テーラー少年、雑誌に掲載されました・・・・・・・・・・・・・

 

何と言う雑誌かというと

 「のらのら 春号」 です!

 

出版社は「現代農業」でおなじみ、農文協です!

こども農業雑誌「のらのら」って、どんな本?
農文協のHPによると・・・・・・

「のらのら」ってなに?
「のら」とは、「野良」。つまり、家の近くの田んぼや畑、野原、山、川、海辺……、人がかかわる身近な自然のこと。
「のらのら」は、日常の暮らしのなかで、「のら」であそんだり、お手伝いしたり、お小遣いを稼ぐような生活力のある
「のらぼーず(農業少年)」や「のらガール(農業少女)」を応援する雑誌です。

農業好き、または農業を志す、ちょっと変わった?青少年たちが愛読する季刊誌なのです。

 

 

世の中には、もっと、雑誌に載るべき面白い人がたっくさんいるはずなのに、過積載の軽トラックで九州まで行くような「危険」な人物を特集してしまって大丈夫なんでしょうか・・・・・・?
健全な青少年が読む本なのでは??

 表紙には、「農業少年を探せ」・・・・・・・怪しい文言が・・・・・・

 

 

 

読み進めていくと、キャベツについて解説した、とっても勉強になるページの次から僕の特集が始まるのであります・・・・・

さあ、今回の農業少年はこんな人ですよー!

カラー4ページにわたって紹介されています  

テーラーを好きになったきっかけから、農機具屋さんとの出会い、初めての発動機、将来のことまで・・・・・・僕の、たかが24年の人生が、それはそれは素晴らしいストーリーとなっているのです(嘘はありませんよ)

 

読者からどういった反響があったかは知りませんが、
「自称テーラー少年だが、もう少年じゃないやん!」とか「うちの子供が真似して腐った機械でも拾ってきたら困る」といった苦情も寄せられて、出版社は対応に追われているかもしれません

 

 

 

 

さらには・・・・・・・

 

 イベント欄には、発動機運転会情報まで・・・・・・

少年たちよ、発動機運転会に来るのだ!!

 

 

 

 

 

最後に・・・・・・・・・・・・・

僕のページを担当してくれた記者さん

女性です

突然「発動機の取材に行って来い」と命じられ・・・・・・・何が何だかよくわからないまま運転会にやってきて、何が何だかよくわからないものが煙を吹きながら回っていて、おっちゃんたちが何が何だかよく分からない会話をしている中で、懸命に取材をしなければならなかったので、とても大変だったと思います・・・・・・

 

 

しかし、そんな彼女でしたが

 

 編集後記には、嬉しい感想が!!

 

 

 

興味のある方は、ぜひ買ってください

本屋さんにはあまり置いてないみたいなので、取り寄せてもらうか、出版社に直接注文してください
農山漁村文化協会 編集局 教育雑誌・教育書グループ
電話:03-3585-1159  FAX:03-3585-6466
メール:kagami-a@mail.ruralnet.or.jp

 

 

 

 

 

3月16日は!!!!
韮崎市にて山梨定期運転会です

今回は、「のらのら即売会」開催です!!
のらのら買ってくれた方には、もれなく私が直筆サインを入れちゃうと同時に、握手、記念撮影、ハグ、お食事、デートなどなど、多数の特典もついてきますので、この、またとない機会、どうぞお見逃しなく

 お待ちしております!

 

ありがとうございました

カテゴリー: 未分類 | 4件のコメント