富士ロビンシリーズ

ご無沙汰しています!
いつも見てくれていた方、どうもスミマセン。。。

最近は、年度末で試験やらレポートやらでちょっと忙しいのですが、機械ネタは山ほどたまっております(笑)

先日、PCで大学の期末レポートをやりながら、ヤフオクで「耕運機」なんて検索して、何か変わった獲物はないかと
物色していると・・・・・(勉強に集中できない)

「ロビン 耕運機 ジャンク!」

なんて表示があったのでクリックしてみると
超古いテーラーが! 
しかも価格は3500円~!出品地は埼玉!
「ジャンク品です、部品取りにでもどうぞ」・・・・・・

3500円というお手頃価格と、「ジャンク」という言葉に惹かれて、気付いた時には落札していました・・・・・
もちろん!?競争相手は現れませんでしたけど

出品者には「取りに行きます!」
と告げたので、早速、出品地の埼玉県まで引き取りにいきました~

待ち合わせ時間に遅れてはならぬ!と高速道を埼玉県熊谷まで軽トラで追い越し車線120キロ全開(爆)

出品者のおじさんの自宅は、小さな農機具屋さんでした。
おじさんはとても人柄がよく、コーヒーまで出してくれて、しばしお話。
僕が古いテーラーを集めていることを告げると、「古いホンダの耕運機のサービスマニュアルあるけど、あげようか?」
といって、何やらダンボールをガサゴソ・・・

わー!当時モンのサービスマニュアルいっぱい!

「1965年」とか書いてあるし・・・・・

こんなにたくさんお土産いただきました~
おじさんありがとうございます、大切にします!

そんでもって、テーラーを軽トラに積み込んでしっかり縛って、帰宅・・・・・
のはずが、「せっかくだから東京で遊んでこう!」となって、ボロボロのテーラー積んだまま東京へ(笑)

 

しかも、東京での行き先は「ハードオフ」・・・・

ボロ軽トラにボロ耕運機積んでリサイクルショップなんか巡り歩いてたら、まるで貧乏人丸出しじゃないですか~
恥ずかしい恥ずかしい

それでも、ショッピング(中古品の物色)を楽しんで気が済んだので帰ろうとすると、事件!

「カギ閉じ込めたー!!!!!!!!!」

ちょっとした不注意で軽トラの車内にキーを残したままロック(泣)
車内をのぞくと、キーが輝いています・・・・・・

これじゃあ、お家に帰れない

でも、ガラス割るわけにいかないし・・・・・
仕方ない、JAFでも呼ぶか・・・・・とキー閉じ込めの料金を検索してみると「13000円」!

ゲッ、キー開けるだけで1万円も取られるの~!?!?

そんなのイヤだ・・・・・

しばし呆然と立ち尽くした後、

なぜか、自分のちょっとした不注意で1万円も払うのがとてつもなく悔しかったので、

これはもう自分で何とかするしかない!と決意し、たまたま近くにあったJマート三鷹店まで歩いて・・・・・

鍵を開けるのに必要と思われる道具を買い込んで・・・・・・・
駐車場に戻り、ありとあらゆる知恵と道具を駆使して格闘した結果・・・・・・

「カチャッ!」

開いたーーーーーーーーー!

無事に外から鍵が開きました。執念で開けました。JAFのお世話にならずに済んで一安心。

これでようやく帰宅・・・・・・

長い一日でした~

 

では、本題の埼玉からやってきたロビンテーラーをご紹介

 

富士ロビンの「T-2」という型式のテーラーです。

僕は、ロビンではT-4とT-5とT-7という型式のテーラーを持っています。

僕は勝手に「Tシリーズ」と呼んでますが、1960年代?のロビンテーラーは「T-〇」というように名前がつけられています。

T-3とかT-6とかもあるんでしょうか?

ロビンのテーラーについては、もっと詳しく調べてみる予定です。

 

今回手に入れたのはT-2ですが、2ストエンジンです!

出品者の話によると、このテーラーは埼玉の秩父でトレーラーを引っ張っていたそうです。

1960年代の頃だと思います・・・・・

この古びたホーンがトレーラーを引っ張っていた証拠!

2ストのテーラーでトレーラー引っ張っているのは見たことがありません。

復活させたいですね!

 

ですが、
現状としては、もう、エンジン内部まで水が回って、サビサビ状態・・・・
ピストンはサビついて動きません(汗)

さすがに、ここまで固まってしまうと同じエンジンが手に入らない限り、僕の技術では修理は不可能かもしれませんが、頑張ってみたいと思います。

 ではまた

カテゴリー: テーラー パーマリンク

富士ロビンシリーズ への3件のフィードバック

  1. はやし おさむ のコメント:

    初めまして。
    鹿児島でお茶の仕事をしております。
    耕運機の収集って初めて聞きました。
    世の中には面白いコレクターがいらっしゃるんだと関心,歓心、感心いたしました。
    富士ロビンに特に関心があられる様子。
    そこでお尋ねいたしたいのですが「富士ロビンCB04電子エンジン」のイグニッションコイルをお持ちじゃないでしょうか。
    製造打ち切りで手に入りません。
    情報をお持ちならどうぞ教えていただきたくお願いいたします。
    霧島製茶

    • テーラー のコメント:

      林おさむさん>
      初めまして、ブログ見ていただきありがとうございます!
      世にも奇妙な耕運機愛好家です。人が目もくれないようなちょっと古めの耕運機を集めてきては喜んでいます(笑)
      ロビンの耕運機は特に好きで何台も持っています。
      お問い合わせいただいたロビンエンジン「CB04」のイグニッションコイルですけれども、申し訳ないのですが、CB04という型は初めて聞いたもので、どのようなエンジンなのか分かりません。家のガラクタヤードやロビンの耕運機も見てみたのですが、エンジンも部品も見つかりませんでした。
      電子エンジンならとんでもなく古いエンジンではないので、エンジンそのものが身近にあるか、流用できる部品があるかもしれません。
      1度エンジンの写真を見てみたいです。また連絡させていただきます。

  2. Nocch のコメント:

    初めまして

    昔、小規模農家を営んでいて、このティラーがありましたが、
    畑から棚田の荒起しから代掻きまで、大活躍してました。
    時々プラグがカブって始動に手こずることがありましたけど、
    メンテナンスフリーで耐久性もとても高いものでした。
    もう復元されたんでしょうかね?(このページに飛んできたので関連記事があれば、すいません)
    我が家のは多分土に還っていますね。所有できるのは羨ましい限りです。
    良い記事をありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。